よくあるご質問(大人の矯正について)


Q.50代です。この年齢でも治療は可能でしょうか。

矯正治療に年齢制限は特にありません。

お子様から50歳以上の人も矯正治療をすることができます。矯正治療で歯を動かすためには、歯とその周囲の歯ぐきや、歯を支える骨が健康であることが条件です。当院では、歯周病に対するケアも行っております。

最近は「口元の美しさ」への関心が高くなり、「もっとステキな笑顔になりたい」、「昔は個性といわれた八重歯だけど、汚れが溜まりやすいし、今はキレイな歯並びなりたい」といった、さまざまな思いを胸に、矯正治療をはじめる大人が増えているんですよ。

Q.歯周病やむし歯がありそうです。矯正治療は可能ですか。先に治療しておいた方がいいのでしょうか。

歯周病やむし歯があっても矯正治療は可能です。

矯正基本検査の際に、歯周病やむし歯の状態もチェックします。 通常、矯正装置が入る前に治療を行います。ただし、歯並びが重なりあっている複雑な部分のむし歯などは、ある程度歯を並べて治療し易くなってからむし歯の治療を行います。被せ物が必要な場合は、むし歯の治療後、仮の被せ物をしておき、最終的なものは矯正治療が終了してから入れることもあります。

また、矯正治療の際には、スペース不足の解消のために抜歯を行うことがあります。むし歯の歯を選択することもありますので、まずはご相談ください。分析診断の際にこれらの計画もお話しいたします。

Q.自分の歯で無い部分(差し歯・ブリッジ)があるのですが、治療は可能ですか。

矯正治療では、歯の根っこを動かしていきますので、差し歯(被せ物のある歯)でも治療可能です。

ブリッジの場合は、つながったままでは歯が動かないので、一度ブリッジを外して仮歯で矯正治療を進めていくことが多いです。

Q.前歯だけが気になっています。前歯だけ装置を付ける部分矯正で治りますか。

ブラケットを装着し、歯を動かしていく場合、動かしたい歯にのみ装置を装着しても思った方向に動いてはくれません。動かしたい歯に対して、土台の役割をする歯(固定源)が必要なためで、一本の歯を動かすためには、他の複数の歯にも装置を装着するのが一般的です。

また、上の前歯のみ気になる場合でも、固定源として下の歯にも装置を装着することがあります。その方が、一部の歯に負担をかけすぎることなく、時間的にも能率的に歯を動かすことができるためです。

患者様は費用的な事で部分矯正を希望されることが多いですが、歯列不正は前歯だけで起こるわけではありません。私たちは口の中全体の歯並びや咬み合わせを患者様にとって最適な状態に治療するように心がけているため、きちんと治療をすることを考えると、ある程度多くの歯に装置をつけることが必要となる場合もあります。

Q.結婚式や成人式などのイベントがあるのですが、そのときだけ装置を外すことは可能ですか。

結婚式や成人式など、大切なイベントの日に装置を一時的に撤去することは可能です。 抜歯スペースがある場合は、白い樹脂を使ってスペースを目立たなくすることもできます。

Q.中学生です。舌側矯正は可能ですか。

もちろん可能です。学生さんでも舌側矯正を選択される方もいらっしゃいます。

Q.インプラント矯正について。歯ぐきにネジを入れると聞いたのですが、かなり痛いですか。

骨には痛覚がないため、ネジ(矯正用アンカースクリュー)を入れるときに痛みを感じることはありません。

ただ、最初に歯ぐきはチクリと痛みを感じますので、その負担をなくすために、局所麻酔をします。歯ぐきの表面だけに効けば十分なので、麻酔の量自体もかなり少量です。処置も5-10分程度で済むもので、処置を受けられた患者さんはみなさん、思ったより全然怖くなかったし、痛みを感じなかったとおっしゃいますので、安心して治療をお受けください。

また、とても有益なインプラント矯正ですが、注意点もあります。お口の中が不潔なままだと、せっかく入れたスクリュー周囲の歯ぐきが感染を起こし、グラグラしたり、外れることがあります。タフトブラシなどを使ってスクリュー周囲を清潔に保っていただくことが大切です。

<<子どもの矯正について

矯正治療の影響・トラブルについて>>



カウンセリングのご予約・お問い合わせはこちら

※歯並び・咬み合わせのお悩み、気になっているところなど、詳しくお聞かせください。
     カウンセリングって?>>

完全予約制 40分 1,080円

プライバシーに配慮した専用カウンセリングルームを配備。
豊富な治療例やよく似た例を参考にしながら、治療の流れや料金等、しっかりとお時間をとってご説明します。