日本矯正歯科学会臨床指導医とは?

歯並びの治療=矯正治療を受けるとき、どんな病院であれば安心でしょうか。
ときどき患者様から、矯正歯科を選ぶ基準を聞かれることがあります。
矯正歯科専門クリニックである、当院の特徴をご紹介したいと思います。

日本矯正歯科学会臨床指導医による、専門的な矯正治療が特徴です。

歯科の中でも特に、矯正歯科は専門的な知識・特殊な技術・治療経験を必要となる分野です。
そこで、矯正歯科医療の水準を維持し、向上を図ることで適切な医療を提供することを目的とし、日本矯正歯科学会はある一定の基準に合格したものに、「認定医」・「臨床指導医(旧専門医)」の資格を与える認定制度を定めています。

特に、2006年に日本矯正歯科学会が設立した「日本矯正歯科学会臨床指導医(旧専門医)」のライセンスは、すでに「認定医」を持つドクターが目指す資格であり、その審査では、あらゆるカテゴリーの症例に対応できる技術に加え、その治療の質が高いことを証明することが求められます。具体的には、症状の異なる様々なタイプの骨格や歯並び、かみ合わせの8種類の課題症例に加え、ドクターの力量がわかる自由症例2症例の計10症例を提出し、その症例審査が行われます。

治療の質を審査するためには、診断(治療目標)の根拠や、実際の治療の過程と結果を記載したもの、レントゲン・写真などの資料にプラスして、実際の歯型から作成した石膏模型も提出し、治療を終えてからも長期に渡り安定する、適切で緊密な咬合に仕上がっているのか、模型上でも厳正に審査が行われます。

2021年現在、日本矯正歯科学会会員約7000名の内、認定医は3353名であり、臨床指導医(旧専門医)は363名と大変狭き門となっております。

当院は、院長が2010年に認定医(第3115号)および、2019年に臨床指導医(第389号)を取得しています。
また、舌側(リンガル)の矯正治療に関しても、2019年に日本舌側矯正歯科学会のリンガル矯正認定医を取得しています。
2021年現在、全国に舌側矯正認定医資格者は60名であり、中国地方では3名です。

日本矯正歯科学会認定医とは?

認定医制度は、矯正歯科医療の水準の維持と向上、また国民に適切な医療を提供することを目的として1990年に創設された制度です。
十分な学識と臨床経験を有し、この目的を遂行できる者を学会の「認定医」とし、その資格は、学会の認める指定の研修機関(大学の附属病院等)に5年以上の臨床経験を有し、学会の審査に合格した者に与えられます。

>>日本矯正歯科学会認定医を検索

日本矯正歯科学会臨床指導医(旧専門医)とは?

臨床指導医(旧専門医)制度は、認定医の資格を持つ矯正医の中で、さらに高いレベルの制度と資格として2006年に創設された制度です。

より高度な臨床技能と学問的知識の向上を目指し、他分野と連携することによって、国民の健康と福祉に貢献することを目的としています。そのために、社会人として良識や医療人として高度な倫理観をもち、絶えず自己研鑽を積み、国民に積極的に情報提供を行い、国際的視野をもって矯正歯科医療の発展に奉仕すると同時に、認定医および臨床指導医をめざす歯科医師の模範となり、その育成と臨床研修を援助できる者を「学会の臨床指導医」としています。

臨床指導医の審査は、臨床指導医委員会の審査委員による完全ブラインド方式で厳正に行われます。また、臨床指導医は5年ごとに、更新の手続きを行う必要があります。

日本舌側矯正歯科学会認定医とは?

認定医制度は、舌側からの矯正歯科医療の高度な水準の維持と向上をはかり、社会に適切な医療を提供することを目的としています。

舌側矯正医療に関して適切かつ十分な学識と治療技術および経験を有し、当学会の認定委員会が行う「舌側矯正治療症例の厳格な審査」に合格した矯正歯科医にのみ、資格証が授与されます。

「指定自立支援医療機関」・「顎口腔機能診断施設」です。

当院は「指定自立支援医療機関」、「顎口腔機能診断施設」の指定を受けており、口唇口蓋裂や顎変形症などの矯正歯科治療をお受けいただける施設です。
>>矯正歯科治療が保険診療の適用になる場合とは



カウンセリングのご予約・お問い合わせはこちら

※歯並び・咬み合わせのお悩み、気になっているところなど、詳しくお聞かせください。
     カウンセリングって?>>

完全予約制 40分 1,100円

プライバシーに配慮した専用カウンセリングルームを配備。
豊富な治療例やよく似た例を参考にしながら、治療の流れや料金等、しっかりとお時間をとってご説明します。